サポ嬢は個人事業なの?

サポ嬢は個人事業なの?

出会い系サイトで、個人でサポをしている女性は個人事業主に近いかもしれない。だけど、厳密には個人事業主ではなく、社会的にはただのニートです。だって、国に売春していますって届出を出すわけにはいかないですからね。

 

アタシも個人事業をしていると言う自覚は全くありませんでした。やっていることは風俗店の店長&嬢を1人で兼業しているようなもの。お店で働く女の子との違いは、自分1人ですべての行動に責任を持たなくてはいけないと言う点かな。その代わりに。サポをしている利益はすべて自分のものになりました。だから、税金や社会保障料などは、自分で申告しなくちゃいけないのですが、普通、申告しているサポ嬢はいないと言っても良いんじゃないかな。

 

アタシの場合、国民保険料と自治体に収める最低の税金だけは払っていました.。それだけやっていて困ったことはありません。サポ嬢を引退して、バリでお店を出店するために、現在色々勉強しているのですが、経費や帳簿などは必ずつけなくてはいけないことから、当時の援交時代のことを振り返ってみました。

 

本当にダラシナイと言うか、そこまで気が回るような仕事ではありませんでした。客1人とエッチして1万五千円稼いだ。それだけの事実しか考えていなかったからです。サポの経費と言えば、交通費、性病検査の為の医療費くらいなもの。あ!それと、美容や服飾費も自分を高く売る為の経費と言えば経費なのかもしれません。

 

アタシの場合は、美容や服飾費には最低限の気配りをしていました。その方が男性から喜ばれし、固定客も掴めるからです。

 

アタシの男性客からは、同業のサポ嬢を見ていると、ダラシナイ容姿をしている女性が多いとよく言われていました。化粧も無頓着。靴底が磨り減った靴を履いていたり、オバサン的なファッションをしている子が多いらしいのです。そういう女の子は、固定の指名も取れないし、出会ってから男性に条件を値切られたりするケースが多いようにも思えます。

 

「キミは普通の女の子っぽいね〜売りは初めてなの?」って客から言われて悪い気はしませんでした。女性にとって、ギリギリ大切なものを守れているような気がしたからです。その結果、予想外のチップが発生したり、ヤスカワの服を買って貰ったりもしていました。

 

サポ嬢とは言え、自分の容姿に気を配る為の経費は絶対必須だと感じます。そういう意味では個人事業主の意識を持ってやれば、サポは立派なビジネスにも思えてきます。